MENU
ただ今メンテナンス中です。表記崩れご容赦下さい。

【RDO】イントロ~放浪モードまで徹底解説

目次

キャラメイク

プレイヤーは囚人として保安官執務室に連行されてくる。

ここで30以上の細かい設定をいじって自分好みのキャラを作成。

名前を付けるが、基本表示されるのはPSIDの方。

口笛は馬を呼ぶときに使う。きれいにしたり、カスカスにしたりできる。

ステータスは3つ。2ポイント好きなパラメータに振れるが、1つ上げると他の2つは1ポイント下がる。

作成後、写真を撮影。

性別によって衣服に大きな違いが出る(シャツ、ズボン、ブーツなど)

仕事へ出た先に待つ者

数か月後シシカ刑務所にて労働中、監視から「ローズで仕事がある」と駆り出される。

移動中、待ち伏せしていたギャングに脅される。仕切っているのはメインパーソンの1人ホーレイ。

囚人は解放されるが、プレイヤーだけ残るように言われる。

ここでカービンリピーターと当局のガンベルトを拾う。

ホーレイの主人に会いに行くので、馬に乗ってついていく。

馬の種類は痩せこけた老馬。所有している馬をどれも呼べない時に来る。

ここで馬のチュートリアル

ジェシカに会い、話を聞く

着いた場所はとあるキャンプ。

全てを取り仕切るリーダー的存在ジェシカ・ルクレールに会う。

彼女から

  • とある事件によってプレイヤーが絞首刑になったのは誰かの計画
  • ジェシカの夫も同じ奴らに殺されている

ということを聞かされる。

ここから彼女と協力関係になっていく。

話の途中、ワードローブで服装を変える。帽子やシャツなどを変更可能。

今は限られているが、ゲームを進めるとより多くの物を身に着けられる。

その後クリップスと出会う。キャンプ関係の仕事をしてくれるおじさん。

荒野の職業「商人」でもメインとなる人物。

メニューを開きキャンプを設営する。プレイヤーの拠点である。

ワールドの好きなエリアに設営可能。しかしこのエリアのこの場所、といった細かい指定はできない。

GTAにある隠れ家などは存在しない。故に馬車の保管などもできない。

郵便局員に会いに行く

キャンプ設営の間、2人の人物に会う。まずローズの郵便局に行く。

郵便局員オールデン。ホーレイの仲間。

駅馬車を盗んだ連中がいるので、彼らを追い払えば欲しいものが見つかるだろう、と。

ここでカタログをもらうことになる。武器、衣服、食料品に至るまであらゆるものをこれで買える。

隠れ家を排除

潜伏しているバイユーンワへ向かう。ここで初めての戦闘。数人の無法者を始末。

武器は基本1発リロード。時代が時代なのでフルオート武器は存在しない。

隠れ家を探ると残った1人がテントから出てくる。宝の地図を受け取って見逃すか、殺すか。

ここで名誉レベルが登場。プレイヤーの行いによって変動する。

レベルによってミッションが受けられなかったりする。

宝探し

宝の地図

宝の地図は毎週のイベントやクラブメンバーシップの報酬として入手することがあるアイテム。

地図を開くとマップにだいたいの範囲が表示される。

中にはゴールドとお金、ランダムなアイテムが入っている。

探す時はイーグルアイを活用できる。アイテム探索や追跡に利用する。

アビリティカード

もう1つアビリティカードが解除される。言わばパワーアップアイテム。

特定条件下で攻撃力を上げたり、ステータスを素早く回復させることができる。

最高4枚まで装備、2段階のアップグレードが可能。大量のお金と経験値を必要とする。

クレイの仕事を引き受ける

クレイは弟と馬関係の仕事をしている。ここでストーリーミッション「馬泥棒の誇り」開始。

ローズの東、毛織物工場に行き4頭の馬どれか1頭を盗み、サンドニの馬屋まで行く。

敵1人に見つかってしまうとバレる。

正攻法で全員潰してもいいし、ナイフで背後からステルスキルして見つからないようにしてもいい。

工場から離れても追っ手が奇襲をかけてくるので注意。

連れてきた馬はそのままもらえる。

その後馬屋のチュートリアル。自分の馬にするためにを購入する。

他にも馬の見た目を変更したり、馬用品を購入することもできる。

キャンプへ行く

クリップスがキャンプを設営。最初はこじんまりとしているが、当然テントを大きくしたりといった事も可能。

話の後、ムービーに入ります。

オンラインの始まり

地元民からの依頼、民警団結成、専門的な役割からプレイヤー対戦まで何でもアリ。

様々な要素が待っています。どれをやるかはあなたの自由。

ムービーの後

これで晴れて自由になります。

密造酒製造者以外の全ての役割、またJの依頼や一斉防衛、血染めの金にも挑戦できます。

無法者ライフを楽しんでください!(゚∀゚)ノ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる